イッタラ『カルティオ』のグラスの人気色は?購入前に詳しく知ろう!

イッタラ『カルティオ』のグラスの人気色は?購入前に詳しく知ろう!

イッタラは北欧・フィンランドを代表する老舗ガラスブランド。グラスやプレートなど、食卓をクリアに彩ってくれるアイテムがとても豊富です。今回は、そのイッタラのアイテムラインナップのなかでも一番人気のグラスシリーズ『カルティオ』をご紹介。

カルティオは色数が豊富なので購入する際に迷う方も多いようです。そこで『カルティオ』の種類や詳細、人気色も併せてみていきましょう。

まず知っておこう!ものづくりへの妥協を一切許さないイッタラ

イッタラは、1881年にイッタラという村に建設された小さなガラス工場がルーツになっているブランド。

当初は彩色ガラスや彫刻ガラスを生産する工場でしたが、20世紀に入り、今でもデザイン界では伝説的な存在であるカイ・フランクやアルヴァ・アアルト、アイノ・アアルトといった巨匠デザイナーたちがイッタラのデザイン・ブランド開発を率いていました。

彼らがデザインを手がけたアイテムは現代でもイッタラの名作として親しまれているものばかり。飽きのこないシンプルなデザインと洗練された形はいつどこで使っても全く他のアイテムに見劣りしません。

イッタラのアイテムは、創業当初から現在まで熟練のガラス吹き職人が支えてきました。イッタラのアイテムはシンプルさが際立つものが多いのですが、シンプルな美しさを見出すためには職人の高度な技術やデザイナーやアイテム設計の緻密さが不可欠だといわれています。

シンプルな商品だけに一切の妥協が許されない高品質グラスは、世界の五つ星ホテルや地元・フィンランドの航空会社「フィンエアー」のビジネスクラスでも使用されているほど。


手作りの分、ガラスの中に黒点や気泡、ややがたつきが見られることもありますが、これも手作りならでは。同じアイテムでも、世界に同じものが2つと存在しないのもイッタラの大きな魅力です。

名作ぞろいのイッタラは、世界のインテリア通だけでなく「良いもの」を愛する人々にも深く愛されています。北欧デザインといえば鮮やかな大胆柄を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、カルティオをはじめとしたイッタラのグラスシリーズはシンプルなものばかり。

イッタラは「北欧デザインを取り入れてみたいけど、何から取り入れていいのやら……」と悩むインテリア初心者の方にこそぜひ取り入れていただきたいブランドの1つともいえるでしょう。

そんなシンプルながら洗練さが際立つイッタラのシリーズ群のなかでも、とくに愛用者が多いといわれているイッタラの代表作『カルティオ』の魅力に迫ってみましょう。

イッタラの代表作『カルティオ』ってどんなグラス?

今年2018年で60周年を迎える、イッタラきっての超ロングセラーアイテムとして認知度が高い『カルティオ』シリーズのタンブラー。巨匠デザイナー、カイ・フランクが手がけており、余分なものが一切削ぎ落とされているすっきりとしたフォルムが魅力です。

余分なデザインも一切ないため、時代を問わず多くの人々に愛されてきたカルティオ。シンプルなクリアグラスですが、工房オリジナルのカラーリングはどこか複雑な色調。なんともいえない美しさを見せてくれます。


ほかにも、カルティオシリーズにはボウルやピッチャーなどもそろっていますよ。次の項目で詳しくチェックしてみましょう。

『カルティオ』シリーズの主な種類


・カルティオ タンブラー

1958年生まれの、200ml程度の容量を持つガラスのタンブラー。カルティオシリーズ発売当時からのロングセラーアイテムです。ほどよい厚みがあり、耐久性も口当たりもばっちり!

200mlと聞くと割と少なく聞こえるかもしれませんが、夏場にビールや麦茶をごくごく飲み干せるちょうど良い容量。透き通ったガラスが美しく、食卓のメニューやインテリアを問わずに馴染んでくれます。


飲み物のほか、冷製スープやヨーグルト、ドレッシングやクリームなどを入れてもきれいに映えますよ。カトラリー類をまとめてカルティオタンブラーに入れている方も多いようです。


また、こちらのアイテムはスタッキング(重ねて収納・ディスプレイすること)が可能。省スペースで収納できるため、食卓周辺の収納が限られている、という方にもおすすめです。


透き通ったガラスに注がれる飲み物だけでなく、シンクや食卓に何気なく置いた時の佇まいも美しいと評判です。


飲み物以外にも、ちょっとした植物を生けるのにも役立ちますね。お花を生けて窓際に飾ると、陽の光に反射する素敵なオブジェのできあがりです!


・カルティオ ハイボール


こちらは400ml程度の容量をもつグラス。タンブラーよりもガラスが厚めで背が高いのが特徴です。口部分は2005年にやや変更されており、以前存在していたモデルよりも口元が広い仕様になっています。こちらもスタッキング可能。

400ml容量なので、タンブラーよりも重量感があるのもポイント。より食卓にカルティオの存在感を持たせたい方にはこちらのハイボールモデルもおすすめですよ。

・カルティオ ピッチャー

持ち手がないシンプルなピッチャー。容量は950mlとなかなかの大容量アイテムです。

こちらはハイボールよりもガラスがずっと薄く、手にした瞬間に飲み物自体をそのまま手づかみしているような感覚が味わえる仕様が人気を呼んでいます。

持ち手の代わりにくびれが中央部にあしらわれており、滑り落ちる心配もご無用。無駄な取っ手がない分、ダイニングテーブルが小さくても使いやすいのも魅力ですね。

また、洗浄の際もスポンジをそのままくびれ部分まで入れて洗浄できるため、お手入れも楽!という声も多いようです。

カルティオのタンブラーと一緒にセットで使う方も多く、食卓には欠かせないアイテムの1つとなっています。

・カルティオ ボウル

他のアイテムと同様のガラスを使ったガラスボウル。他のアイテムがそのままガラス製のシリアルボウルになったような見た目で、フルーツやシリアルを入れるのに丁度良いサイズ感です。

また、食卓に使うだけでなく、調理の際の下ごしらえボウルや野菜ボウルとしても活躍すると評判。

残念ながら数年前に廃盤になってしまいましたが、イッタラでは2017年にクリア(透明)とエメラルドカラーが復活しています。こちらもグラスとセットで使うと食卓がさらに爽やかになりそうですね。

『カルティオ』の人気色をチェック!/

実はカルティオ タンブラーはその人気と長い販売期間から、定番色が廃盤になったり新色が加わったりとなかなか忙しいシリーズでもあります。

現在のところ、タンブラーに関しては

・アクア(2018年新色)

・モスグリーン(2018年新色)

・クリア

・グレー

・サンド

・ウォーターグリーン

・レイン

・ライトブルー

・シーブルー

・エメラルド

の計10色が発売されています。

(iittala公式サイト調べ 2018年6月現在 https://www.iittala.jp/products/list.php?category_id=26

そのなかで特に人気なのが、森や湖、海、春の雪解け水などフィンランドの自然を感じられる

・エメラルド

・シーブルー

・グレー

・ウォーターグリーン

といった涼感カラー。

このなかのカラーでも、夏前には品切れになるショップも多いようです。

どれも自然界から取り入れたカラーリングのため、「この色はフィンランドの森の色かな?」など、いろいろと想像しながら使うのも素敵ですね。


ちなみに、どのカラーも明度や彩度は同程度。すべて色違いで揃えてもガチャガチャ感がありません。ソーダ水などを入れるとさらに涼感が増し、ドリンク作りも楽しくなりますね。

グラスにはビールやウィスキーを入れて楽しみたい、という方にはクリアの支持率が高いのも特徴です。用途や使いたいシーン、ダイニング周りのインテリア配色によって違うカラーを買いそろえるのも良いアイデアかもしれませんね。

まとめ

イッタラの名作グラス『カルティオ』の魅力や人気色をご紹介しました。どのカラーも照明や太陽の光をきれいにきらきら反射してくれるので、1つ買うとさらに他の色が欲しくなってしまう方々が続出するほど買い足す方が多いのだそう。

どこから見ても美しいグラスは、大事な方へのギフトにもぴったり。ペアグラスとしての販売もされているため、結婚ギフトとしてもぴったりですね。

注ぐ飲み物を選ばず、シーンもインテリアも選ばないカルティオの色とりどりのグラスを並べて「今日はどれにしようかな?」と悩むのも楽しいはず。ぜひお気に入りのカラーを見つけて日常使いしてみませんか?

ABOUT

KOMADOは、1910年創業の日本の壁紙製造メーカー、ヤマト化学工業(株) が運営するECサイトです。これまでも、これからも人々の暮らし空間を豊かにするために、徹底した品質管理とお客様に とって価値ある商品をお届けします。
世界175ヵ国で60万店以上のショップが利用しているECカート「Shopify 」でサイトを構築。クレジットカードを安全に 利用するための世界基準PCI DSSでレベル1を取得しており、安全にお買い物ができます。
お得なまとめ買いを推奨しています。まとめ買いにより、KOMADO運営にかかる当社のコストが削減できます。 その分をお客様に還元することで、持ちつ持たれつな関係をお願いできればありがたいです。